Waldoはどこに行く?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星めぐりの歌を聴きながら空を見上げよう

星めぐりの歌に思いをのせて、夜空を見上げたい。
あいにく、今日の天気は曇りのちあめ。
雲がなければ、太陽が沈みきる前に、南東の空に月が見えているだろう。

星めぐりの歌

宮沢賢治

あかいめだまの さそり
ひろげた鷲の  つばさ
あをいめだまの 小いぬ、
ひかりのへびの とぐろ。

オリオンは高く うたひ
つゆとしもとを おとす、
アンドロメダの くもは
さかなのくちの かたち。

大ぐまのあしを きたに
五つのばした  ところ。
小熊のひたいの うへは
そらのめぐりの めあて。

歌に登場する、「赤い目玉のサソリ」とはさそり座の心臓アンタレス、「青い目玉の仔犬」とは、おおいぬ座のシリウスであり、「へびのとぐろ」とは逆S字が特徴のりゅう座のことである。また北極星は本来こぐま座の尾の先の星である。
α星を眼玉と表現するなど、星座の一般的な解釈とは異なる部分もあるが、歌詞は夜の天空の幻想的なイメージに満ちており、文学的な評価は高い。主旋律は親しみやすい五音音階で構成されており、BGMや様々な派生作品中のテーマ曲に採用されている。
(wikipediaより引用)

ああ、この歌を聴いて夜空を見上げ、温かいコーヒーを飲みながら寝袋にくるまって眠りにつきたい。

銀河鉄道の夜

「銀河鉄道の夜」/宮沢賢治

「銀河鉄道の夜」は、銀河に沿って北十字から始まり南十字で終わる異次元の旅である。
ふたつの十字架はそれぞれ石炭袋を持っている。石炭袋が一般に暗黒星雲だと知られるようになったのは最近のことであり、かつては天文分野の専門書でもしばしば「空の穴」と表現されていた。
賢治は南北ふたつの石炭袋を冥界と現世を結ぶ通路として作品を構成したとされている。


宮沢賢治の世界観が好きだ。
宮沢賢治は読み手に場面をイメージさせることが上手い。
この「銀河鉄道の夜」は宮沢賢治が亡くなってしまったため、未定稿のままの作品になってしまった。
宮沢賢治が完成させた「銀河鉄道の夜」が読めないことは残念である。

彼の思想や考えをもっと知りたいと思う。
少しずつ調べていきたい。

蝉がなく

季節は夏から秋に変わりつつある。
そんな日々の中で季節はずれの蝉が一匹コンクリートの壁にとまり、ないていた。
あの蝉は少し外の世界に出る時期を間違えただけで、これまでの努力を棒にふってしまったのだろうか?
誰にも会わず、関わらず、残りの日々を過ごすのだろうか?
蝉を見ながらそんなことを考えた。
きっと、私は蝉に自分の姿を投影していたのだろう。
それは悲しいことである。
蝉にとっては失礼なことなのだろう。
「俺はここにいるぜ。」
「まだまだ夏は終わらない。」
そうアピールしている蝉に少し勇気をもらった気がした。
見習うべきことはそこかしこにある。
それに気づけるかどうかがとても大事なことなのだろう。

ありがとう蝉。明日のことはわからない。
明日は新しい自分がいる。
そう信じて生きていこう。

FC2ブログ

FC2のブログを始めました。
細々と行っていくと思います。

「学生ファンド詐欺」というニュースをやっていました。
“学生ファンド”被害相次ぐ NHKニュース

学生設立の投資団体が億単位のお金を集めて、逃亡したみたいですね。
やることが派手ですね。
てか、よくもまぁ、億単位のお金を集められましたね。
話術がすごいんでしょうか?
魔法の言葉でもあるんでしょうか?
人を信用させられるような言葉なら教えてもらいたいものですね。

魔法と言えば僕は「パルプンテ」が好きです。
何が起こるか分からない。
そんな魔法が唱えてみたいです。

皆さんの生活にほんの少しの「パルプンテ」!

交響組曲「ドラゴンクエスト」場面別I~IX(東京都交響楽団版)CD-BOX交響組曲「ドラゴンクエスト」場面別I~IX(東京都交響楽団版)CD-BOX
(2011/10/05)
すぎやまこういち

商品詳細を見る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。